機能性ディスペプシアについて知っておきたいこと

機能性ディスペプシアについて知っておきたいこと

機能性ディスペプシアは、不快な腹部症状がありながらも、特定の器質的な原因が見つからない症状を指します。
胃腸の機能が正常でありながらも、様々な症状が現れることから、患者や医療関係者にとって課題となる疾患です。
今回は、機能性ディスペプシアについて詳しく掘り下げ、その症状や管理方法について解説します。

機能性ディスペプシアの症状

機能性ディスペプシアは、主に次の症状を伴います。

上腹部不快感

腹部の不快感や圧迫感があります。これが食後に強まることがよくあります。

早満感

少量の食事で早くから満腹感が生じ、食欲が減退することがあります。

胃もたれ

胃痛

食後に胃がもたれる感覚や、胃の重さを感じることがあります

2. 機能性ディスペプシアの原因

機能性ディスペプシアの具体的な原因はまだ完全に解明されていませんが、
以下の要因が関与している可能性があります。

胃の運動異常

胃の収縮や運動が異常を示すことがあります

胃酸分泌の異常

胃酸分泌が過剰または不足することがあります。

感覚神経の異常

胃の感覚神経が異常な反応を示すことが考えられます。

3. 機能性ディスペプシアの管理方法

食事管理

小分けで頻繁に食事を摂り、刺激物や脂肪を控えることが大切です。

ストレス管理

ストレスが症状を悪化させることがあるため、リラックス法や適切な休息が必要です。

まずはご相談ください

機能性ディスペプシアは未だに謎が多い疾患であり、治療が難しいこともあります。
しかし、適切な食事管理やストレス管理などを含む総合的なアプローチで、
患者の症状を和らげることが期待されます。
症状が気になる場合は、早めに専門家に相談を受けることが大切です。

ご予約・お問い合わせ

友だち登録でLINE予約可能!
さらに特典GET!
  • 特典124時間LINE予約
  • 特典2予約空き状況の確認ができる
  • 特典3直接予約確認やメッセージが送れる
営業時間
10:00-13:30 × × ×
15:00-18:30 × × ×
  • 定休日水・日・祝
  • 土曜/10:00~14:00
  • 最終受付営業時間30分前まで
お問合せバナー

この記事をシェアする

関連記事